東京池袋のオーダースーツ・オーダーメイドスーツ専門店 アールデコ

<<簡単 オーダースーツ 仕立て品質の見分け方>>
「スーツ仕立て」での縫製品質の見分け方として、ジャケット(上衣)の裾回りの縫製仕様である程度の仕立てレベルが判ります。

まず内側の裾回りの裏地の返りをめくります。
接合部分が糸でまつられていれば (奥まつりと言います)それはある程度順序だてられた作業での、お仕立てスーツです。

それとは違い接合部に糸が見えず、中から縫い合わされた処理の縫製は大量生産型 (学生服や規制服)で、袋縫いと言われ、手作業を出来るだけ割愛した縫製方法のスーツです。

最近では、このような大量生産型縫製でのオーダースーツでも高額のプライスを付けるショップがありますので、よく見極めてご購入する様にして下さい。

正規仕立て型と大量生産型縫製