東京池袋のオーダースーツ・オーダーメイドスーツ専門店 アールデコ

<<タリア ディ デルフィノ>>


フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノは、1903年、デルフィノ・タリアとガルディアが共に設立した、「ガルディア・タリア社」を前身とし100年以上の歴史を誇る最高級服地メーカーです。

現社名は、創業者のパートナーであったガルディアが去り、デルフィノの3人の息子が経営に参加したのを機に変更されたもので、以後5代にわたる経営が続けられています。

「エルメネジルド・ゼニア」「ロロピアーナ」と並び世界3大毛織物工場とされ、「タリア・ディ・デルフィノ」の名で愛されています。

タリア・ディ・デルフィノのあるイタリア・ビエラ地方はスイスに近い北イタリアに位置し、豊富できれいな水資源に恵まれた場所です。
そのため古くから繊維・織物産業がこの地方に集積し、世界的に有名な最高級生地を産出する地域としても良く知られ、イタリアファッションを支える重要な役割を果たしています。
世界30カ国以上に販売網を拡大し、イタリアを代表するプレタブランドにも生地を供給しています。
タリア ディ デルフィノ
創業当時より高級梳毛、紡毛織物を得意とし、super120~150の高番手使いの原毛は最高級の中国産のカシミア、オーストラリア産のメリノウールなどを使用して製糸から織りまで一貫体制の下で生地を作り上げています。

イタリア生地と言えば、艶があり、軽くて着心地の良さが特徴です。
そのイタリア独自の風合いを持ちながらコシがあり耐久性にも優れている織り方をする事も、タリア・ディ・デルフィノの特徴です。

高級感溢れるしなやかな風合いと発色の良さ、そして華やかな色使いや上品な柄がこのタリア・ディ・デルフィノの特徴と言えます。