東京池袋のオーダースーツ・オーダーメイドスーツ専門店 アールデコ

<<カルロバルベラ>>


カルロバルベラ1949年 カルロバルべラによりイタリア ビエモンテ州ビエッラにて設立された高級糸ファクトリーは、息子ルチアーノバルべラにより経営されるテキスタイルメーカー。

カルロバルベラ氏は、オレステ リベルテイという工場で彼のテキスタイル・デザイナーとしての才能が広がっていきます。

工場は、緑に囲まれた丘陵地帯の中にありストローナ川とソッカスカ川という、綺麗な川がある小さな村にあります。水や空気、この環境、まさに織物には最適な場所なのです。

やがて、カルロバルベラはこの工場を引き継ぎます、1949年、カルロバルベラはこの地で弟のサケレと仕事をはじめました。

その後、息子のルチアーノにはデザインと営業を、ジョルジョには工場の経営管理を担当させるようになります。

バルベラの製品は、16/18ミクロンという細かさのスーペリアというオーストラリア原産の羊毛と、中国とモンゴル原産のカシミアのみで生産されます。

オーストラリアのオークションで、バルベラ社は最上ウール原毛を吟味して買い付け、イタリア国内の優秀な紡績工場で丁寧に糸が紡がれていきます。
紡績工場のいくつかには、バルベラ社も出資しています。

糸は、糸の緊張を解くために、地下の倉庫で寝かせます。この地下の倉庫は岩を切り出して作ってあります。
地下にはストローナ川の水が引き込まれていて、一年中気温7度、湿度75%に保たれているのです。この地下倉庫で、糸が本来の特性を取り戻します。

ただの糸から、バルベラの織物となる、とても重要な工程なのです。